2018年07月20日

ダッキングの注意点

よくジャッジをしていて気になるのはダッキングです。
頭を下げたまま前進し攻撃をする選手をみかけることは多くあります。

頭を下げたまま前進しクリーンヒットを当ててもジャッジによっては有効打としないこともあります。

ダッキングをするときは頭を前に下げずに垂直に下げ、そのまま前進せずに一度頭を上げてから前進すれば注意を受けることはないでしょう。

前進するならヘッドスリップの方がいいですね。

☆ボクシングのテクニック集☆
posted by 茂 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

大橋秀行 ボクシング 新!完全教則 中級篇 [DVD]



150年に一度の天才と言われた大橋秀行氏のボクシング完全教則 中級編です。

ジムで習ったことのおさらいとしてはDVDを見るのもいいでしょう。

基本練習などは各ジムなどではさまざまです。
このDVDを見ても練習スタイルは各ジムの指導者の指示にしたがって下さいね。


2018年07月05日

右ボディストレート

オーソドックスタイプの選手にとって右ボディストレートを習得すればポイントを取りやすくなります。

いきなり右ボディストレートを打ってもヒットさせるのは難しいです。

ですので、最初のうちは上下の打ち分けとして使うのがいいでしょう。

ワンツーの応用として、ジャブを打ち、そして右ボディストレート。
ボディストレートの基本コンビネーションですね。
posted by 茂 at 02:28| Comment(0) | ストレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

ボクシング必勝テクニック



内藤大助のジムの会長である宮田博之氏のボクシングテクニック本です。

宮田ジムといえば世界王者や日本ランカーを多数出していますね。

その宮田会長の本ですので、十分参考になりますよ。


2018年06月28日

右アッパーでカウンター

ボクシングの右アッパーは、インファイターに対して有効です。

ファイタータイプの相手に中に入り込まれた場合は、すぐに右アッパーを打つと相手は嫌がります。


ですので足を使うアウトボクサータイプの選手はストレート系のパンチだけではなくアッパーも練習しておきたいですね。
posted by 茂 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アッパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

もっとうまくなるボクシング



150年に一度の天才といわれた元世界王者の大橋秀行氏監修の本です。

テクニック勝負のアマチュアボクシングの技術が載っています。


テクニックを上達したい方にお勧めですね。

この本を読んで、華麗なコンピネーションと打たれない技術が身につきます。

2018年06月26日

親子でミット トレーニング



子供が小さいうちはジムに連れて行くのには抵抗があります。

自宅で父親がミットをもってトレーニングすることもできます。

注意点としては、ケガしないことです。

ケガしないためにはバンテージだけはしっかり巻きましょう。
また手首を痛めないために、パンチを打つ時は手首を曲げないように注意したいですね。

2018年06月20日

初めてのディフェンス パリング練習

ボクシングの防御でパリングはかなり重要です。

ダッキングはエネルギー消費が多いし、ガードは受けたときのダメージと見栄えが悪いです。

パリングの基礎は相手の左ジャブを右手が少し払うことです。

           パリングの注意点
1 パンチを払う時の右手の動きはごくわずかにする
だいたい動かすのは3センチぐらいです

2 左手でやらないようにする
左手のパリングが癖になると相手の右カウンターをもらいます。

3 コンビネーションを打たれたときはパリングだけで対応しない。
パリングとは単発のパンチで効果を発揮します



posted by 茂 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

左ジャブの活用法2

左ジャブは右構えのボクサーにとって一番使われるパンチです。

おもな活用法

1 距離を測る
ジャブで距離を測り攻撃につなげます
これは元WBCバンタム級チャンピオンの薬師寺保栄が得意でした

2 有効打につなげる
コンビネーションと併用で使うと良いでしょう

3 ポイントを稼ぐ

4 ダメージを与える
これは右ストレートほど効果的ではないが、連続であてるとかなりのダメージとなります。また相手の精神的にもダメージを与え冷静さを失わせる効果があります。

かつてジャブだけで世界を制したボクサーがいました。
バージンヒルです。
あのトーマスハーンズのライバルでもあります。

ジャブをうまく使えないと試合運びが出来なくなるので、よく練習しましょう・・・・






2018年06月09日

手数の多い選手

試合に勝つためには、やはり手数が必要です。

手数が多いことはクリーンヒットにつながります。

ジャッチをしていてクリーンヒットの数が同じ場合は手数の多い選手にポイントを付けることが多いです。

手数を多くだすためには、スタミナが大事ですね。

日々のサンドバックやロードワークでスタミナ強化を図るといいですね
posted by 茂 at 23:35| Comment(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする