2018年12月10日

フットワークを使う選手

フットワークが得意な選手が試合に勝つ為には、ワンツーとアッパーをしっかり練習するといいでしょう。

足を使いながらワンツーで主導権を握り、接近したらアッパーを打つと優勢な試合運びが出来るでしょう。

注意点としては、撃たれながら後ろに下がらないことです。これを頻繁やるとカウントがはいります。

またしっかりとしたストレートのヒットも大事ですね。


posted by 茂 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

ボクシング教本 井上尚弥



今人気のボクシング世界王者の井上尚弥の実演の本です。
基本的なことは学べますが、しっかりとジムでも練習することは大事です。

2018年12月08日

パワー スピード テクニック スタミナ どれが一番大事?

パワーもスピードもテックニック、スタミナどれもすべて備わったボクサーはいません。

どれが大事なものを順番になれべると・・・

1 スタミナ
スタミナがないとせっかくのパンチ力やテクニックが活かされません

2 スピード
このスピードがないと、パンチが当たりません

3 パワー
相手がテクニックだけのボクサーでしたら、パワーで相手を弱らせて攻略することができるでしょう。

ボクシングは最高12ラウンド闘うことになります。
いくらテクニックやパワーがあっても、相手を中盤までに倒せなかったら、終盤にKO負けの危機になります。爆弾

ボクシングは日々のジムワークやロードワークでスタミナ強化をする事が大事です。グッド(上向き矢印)


2018年12月06日

左フックの活用法

左フックはストレートと違い、そのパンチ単独では効果は少ないです。
ですのでコンビネーションと組み合わせて使います。

主な使い方として、ワンツーの後の左フックや左ボディからの左フックといった上・下打ち分けのパンチがあります。

左フックは近距離で使うパンチですんでガードをしっかりしてないとパンチを浴びてしまうので注意が必要です。
posted by 茂 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | フック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

アッパーの注意点 その1

ボクシングにはストレート、フック、アッパーというパンチがあります。

アッパーは日本人にとって一番難しいパンチでしょう。


        アッパーの注意点

・パンチを打つ反対のてのガードをしっかりする。

・打つとき顔を大きく前にださない。

・単発では効果が薄い


アッパーは近距離のパンチです。

ですのでアッパーが当たる距離は、相手のパンチを警戒しなければなりません。

ですのでディフェンスにも注意しないといけません

=ボクシングのテクニック集=
posted by 茂 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガードとは?ボクシングの基本ディフェンス

ボクシングのガードは基本中の基本のディフェンスです。

ガードがさがるボクサーは必ず短命でおわりますね。

特にガードが下がる癖のあるボクサーは要注意です。

ガードの低い辰吉丈一郎もかつてはきちんとガードをしていました。
ただ勘にたよりすぎる事があるのでガードが下がってしまうのでしょうね。

ボクサーは打たれないことが大事なのです。
ですから、ガードがしっかりしている事のおかげで不用意なパンチをもらわないことも、現役中に経験しました。

ガードだけは下げないようにしましょう。



大穴・高配当ならおまかせ!! 南関東4競馬専門のWebケイバ

2018年12月02日

左フックを防御する

インファイターの多くは左フックを多用します。
なかにはジャブの代わりに左フックをリードパンチとする選手もいます。

◎左フックの防御法
・スウェーバック

・バックステップ

・ウェービング
主な防御法はこの3つですね。
ボクシングは防御だけでは勝てません。たとえばスウェーバックのあと右ストレートのカウンターも効果的です。

バックステップの後にジャブでけん制するのもよいでしょうね。


☆ボクシングのテクニック集☆









posted by 茂 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

ボクシングの防御 ガード

ボクシングの防御で一番大事なのはガードです。
一番最初に習う構えで十分なガードです。

よくありがちなのは、徐々にこのガードが下がってくる練習生が多いです。(みんなそうです。)

ワンツーを鏡の前で3、4回打つと皆、ガードが下がってきます。
試合希望の人は絶対にこのガードを下げてはいけません。

実際の試合では、このガードばかりで反撃しないとストップがかかりますので、ガードとステップワークのディフェンスを練習するといいですね。

ボクシング基礎知識 練習生の練習

            ・練習生の練習・
プロを目指し、練習に励む練習生は、日々のトレーニングが大事である。
その前によくボクシング競技を理解することである。

よくありがちなパターンで、やたらにパンチを強く打つ事に意識が集中して、ガタガタのフォームになり、不器用な動きになる練習生が多々います。
たしかにパンチ力は大事ですが、ボクシングはパンチ力だけでは勝てません。
駆け引き、ペース配分、ディフェンスその他もろもろあります。

あせらずに肩の力を抜いて、しっかりとしたフォームを守り、よく考えながら練習することが大事です。

=ボクシングのテクニック集=
posted by 茂 at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

もっとうまくなるボクシング



150年に一度の天才といわれた元世界王者の大橋秀行氏監修の本です。

テクニック勝負のアマチュアボクシングの技術が載っています。


テクニックを上達したい方にお勧めですね。

この本を読んで、華麗なコンピネーションと打たれない技術が身につきます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。