2019年07月20日

村田諒太はサウルアルバレスにかてるか?

村田諒太がアルバレスと対戦したら勝てるだろうか?
村田には堅実なディフェンスと、しっかりしたバランスがあります。
アルバレスもバランスがしっかりしています。
アルバレスを攻略するとしたらロープに追い詰め連打を浴びせるのがいいかと思うますが、村田のスピードでは厳しいものがあるかも?
アルバレスは強打のゴロフキンを下しています。
耐久性もあるアルバレス相手に村田がいどむのであればテクニックで勝負を挑むでしょうね
posted by 茂 at 20:44| Comment(0) | ボクシングの評論と予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

フックを防御

接近戦でのフックは重要です。
もちろん相手も使ってくるから、しっかりディフェンスしなければなりません。

一番いいのがガードです。

ですので接近戦をするときはガードを下げずに基本スタイルのままパンチを出さなければなりません。
そしてバランスも大事です。

接近戦はしっかりとした基本練習で上達します。

2019年06月24日

ボクシングの防御 ガード

ボクシングの防御で一番大事なのはガードです。
一番最初に習う構えで十分なガードです。

よくありがちなのは、徐々にこのガードが下がってくる練習生が多いです。(みんなそうです。)

ワンツーを鏡の前で3、4回打つと皆、ガードが下がってきます。
試合希望の人は絶対にこのガードを下げてはいけません。

実際の試合では、このガードばかりで反撃しないとストップがかかりますので、ガードとステップワークのディフェンスを練習するといいですね。

2019年06月19日

基本練習の重要性

ボクシングをはじめたばかりの人は、とにかく基本練習ばかりさせられます。

毎日毎日、鏡の前で同じ動きの練習ばかりします。

いったい何のためにこんなことをするのか?と思う人は多くいると思います。

しかし、これは大事なことなんです。

この基本練習なしに、技術の習得はありえないことです。

しかし、ボクササイズジムは違います。生徒を楽しませるだけですので、どんなに上達していない状態でも、おもしろ半分でテクニックの練習をさせてくれます。

最初のうちの基本練習は、足のつかいかた、ジャブ、ガードを下げないといった練習をするでしょう。
だいたいこの3つを最低3ヶ月みっちりやれば、それなりの選手になると思いますよ。


posted by 茂 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ボクシング完全教則 サウスポー 松本好二



サウスポーの方にお勧めのDVD完全教則です。
またオーソドックスタイプの選手にもサウスポー対策としてもよいでしょう。

サウスポーといえばやっぱり左ストレートが驚異的ですね。
しかし、この左ストレートを封じ込めることができればサウスポー相手に有効な試合をすすめることができますね。

2019年06月11日

減量中のボクサーの食事

試合が決まるとボクサーは減量との戦いに入ります。

減量で注意したいのは食事です。
無計画に食事を減らすことは、試合で苦しい展開になります。

        減量中の食事の注意点

・炭水化物をしっかり取る
(練習前にパスタがよいです)
・出来れば米を食べる
米の栄養は次の日も効果があるので、試合2、3日前は米を食べるとよいでしょう。

・魚の白身
魚の白身は高タンパクであるため、牛肉より効果的

・うなぎ
ビタミンC以外のビタミンが豊富
スタミナの源でもある

・卵の白身
タンパク質を効果的にとることができる

・トウフ
これはボクサーの減量に重宝されています。
体重もあまり増えないし、わりとお腹もふくれ、栄養もある。

また、野菜、水分もしっかりとり体調不良にならない程度に減量することがベストコンディションをつくるコツです。
そのためには普段からの練習をしっかりやり、無駄に体を大きくしないことですね。


posted by 茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

基礎知識 マスボクシング

マスボクシングとは?

マスボクシングは相手にパンチを当てないでやる実戦練習である。

*目的*
・実戦感覚をつかむ
・目慣らし
・デフェンスの練習
などがあげられます。

元ミニマム級王者のリカルドロペスはこのマスボクシングを多く練習し、実戦感覚を身につけ王者を防衛しました。

スパーリングを多くするよりは、このマスボクシングを多くしたほうが、効率的です。

注意点として、しっかりヘッドギアとマウスピースは装備するように。
いくら相手にパンチを当てないからといっても、危険です。


posted by 茂 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

ジャブの注意点

ジャブは最初に習うパンチです。

多くの練習生の悪いクセは、パンチを引いた時にガードが下がっています。

またパンチを打ち続けていると手が下がってきます。

ボクシングはディフェンスも大事です。

パンチを打った手を伸ばした時に肩でアゴをガードした状態が理想的です。
posted by 茂 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

親子でミット トレーニング



子供が小さいうちはジムに連れて行くのには抵抗があります。

自宅で父親がミットをもってトレーニングすることもできます。

注意点としては、ケガしないことです。

ケガしないためにはバンテージだけはしっかり巻きましょう。
また手首を痛めないために、パンチを打つ時は手首を曲げないように注意したいですね。