2020年01月19日

ボクシングレッスン1−5(ダイエット)

           ボクシングレッスン1−5

      *ジムでダイエットしよう

ボクシングはダイエットに効果的なスポーツです。
ボクシング=減量といわれるように、体重を落とす事に関してはすべてのスポーツにおいて随一でしょう。

      ○効果的にダイエットをするポイント

・体重を落とすには夏が効果的です。
・週に何回かジムに通うことをおすすめします
・無理せず運動をする
・しっかり水分はとる。発汗作用効果により美容にもよいです
・練習の最後には腹筋をする
一番気になるお腹の脂肪を効果的に落とすことが出来ます。
10回5セットぐらいやれれば上等です。

・ジムの指導者にダイエット法や体験談を聞く

・バンテージを巻く (発汗作用を促進します)

ダイエットのポイントは無理せずにやることが成功への近道です



posted by 茂 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

ボクシング ミット



ボクシングのミット練習はスタミナ、テクニック、タイミングの練習に最適です。

ミット練習はトレーナーとワンツーマンですので、いい加減にやってはいけません。

最初のうちはタイミングが合わずうまくかみ合わないかもしれませんが、徐々に慣れていきます。


2020年01月16日

左ジャブの活用法2

左ジャブは右構えのボクサーにとって一番使われるパンチです。

おもな活用法

1 距離を測る
ジャブで距離を測り攻撃につなげます
これは元WBCバンタム級チャンピオンの薬師寺保栄が得意でした

2 有効打につなげる
コンビネーションと併用で使うと良いでしょう

3 ポイントを稼ぐ

4 ダメージを与える
これは右ストレートほど効果的ではないが、連続であてるとかなりのダメージとなります。また相手の精神的にもダメージを与え冷静さを失わせる効果があります。

かつてジャブだけで世界を制したボクサーがいました。
バージンヒルです。
あのトーマスハーンズのライバルでもあります。

ジャブをうまく使えないと試合運びが出来なくなるので、よく練習しましょう・・・・







posted by 茂 at 00:08| Comment(1) | ボクシングのテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

右ストレートをきめる

オーソドックスの選手は右ストレートが大事です。
この右ストレートをヒットさせれば有効打になる事は間違いないです。

しかし、この右ストレートは当てるのは難しいです。

よくボクシングの試合に出たばかりの選手は、強い右ストレートを当てようと力みすぎます。
これでは試合展開は悪い方向になります。


右ストレートは力まずジャブなどを組み合わせていけば有効打につながります。
posted by 茂 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

減量の時はバナナがよい

ボクサーの減量はダイエットと違い、苦しいものです。ふらふら
ダイエットは失敗が許されても、ボクシングの減量は許されませんからね。

ですから、ボクサー=減量といわれるくらいです。

激しい、練習と減量でボクサーは試合前にはヘロヘロな状態になっています。そこへステーキなどを食べると胃がもたれ、体調不良を起こることがあります。ふらふら

そこで、試合前にはバナナを用意すると良いでしょう。
食物繊維も多く、またバナナの糖分はすぐスタミナに変わるので、軽量後には効果的です。グッド(上向き矢印)

その他、試合前にはレモンなどの、ビタミンCなどをとるとよいでしょう。わーい(嬉しい顔)






posted by 茂 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクシング入門



ボクシングジムに入門されようとされるかた向けです。

初歩的なことが書かれていますので、ボクシングをはじめたばかりの方でも分かりやすいと思います。


ボクシングレッスン1−18 基礎体力

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       ボクシングレッスン1−18

           基礎体力について


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体力はボクシング競技者にとって必要不可欠な存在ですね。

いくらパンチやスピード、テクニックがあっても基礎体力がなければ試合に勝てません。

基礎体力は日々の練習が大事です。


       *基礎体力の養成*

1.ロードワーク

2・サンドバック

3.スパーリング

4.シャドーボクシング


これらがあげられますが、特に大事なのはサンドバックのノンストップ打ちですね。

ノンストップ打ちを2ラウンドはやれるようにしたいですね。

ノンストップ打ちは筋肉の持久力をつけるとともに、筋肉疲労になれることができます。

試合のとき体が重くなり手が出なくなる選手は、ノンストップ打ちを多くやるとよいですね。



posted by 茂 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

寺地拳四朗の弱点

着実に防衛を重ね実力アップしている寺地拳四朗。
そんな拳四朗の弱点を検証してみました。

時折、拳四朗は疲れがみられると不用意なパンチを浴びるのをたびたびみられますね。
ダメージはないものの、もしフェイントで一発ダメージのパンチを受けると危険ですね。
今後はディフェンスが課題だと思われる。
posted by 茂 at 01:36| Comment(0) | ボクシングの評論と予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

ボクシングレッスン1−17 脂肪燃焼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        ボクシングレッスン1−17

            脂肪燃焼


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボクサーの体は絞りきってますからほとんど脂肪がありません。

なぜなら余分な贅肉は必要ないからです。
余分な贅肉があると、階級があがり不利になります。


            おもな脂肪燃焼の仕方

・長時間のランニング

汗を多くだし、脂肪燃焼が目的です。
スタミナアップを目的としたダッシュと違い、心拍数の負担が少ないけど、疲労はけっこうたまります。
ですのでランニングの後はしっかりと、ストレッチする事が大事です。


・入浴後の腹筋

ボクサーのお腹には脂肪がほとんどありません。
腹筋の脂肪を効率てきに落とすには、練習後の腹筋、入浴後の腹筋が効果的ですな。


・スパーリング

スパーリングはボクシングのトレーニングにおいて一番ハードトレーニングでしょう。
3分3ラウンドやればかなりの運動量になります。
ウインドブレーカーを着こんでスパーリングすれば、相当な汗がでて10分で1キロは痩せるでしょう。


=ボクシングのテクニック集=

posted by 茂 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクシングレッスン2−2(パリング)

        [ボクシングレッスン2−2]

            ・パリング

パリングはボクシングのディフェンスにおいて、一番多用するんではないかと思います。

なぜなら、相手のストレート系のパンチを防ぐことが多いボクシングは、パリングが一番簡単に使えるからである。

            パリングの注意点

1、なるべくリードパンチでパリングしない。

2、パリングは小ぶりに行う

3、連打に対しては効果小である。

パリングは単発のストレートパンチに対してのみ効果を発揮するディフェンスであるから。連打に対しては、あまり効果的ではありません。

長所としては、ダッキングと比べてスタミナをあまり使わずに使えることです。

            [パリングを上達させるには?]

パリングを上達させるには、マスボクシングが一番良いです。マスボクシングでしっかりと目慣らししましょう。

=ボクシングのテクニック集=