2019年02月15日

パリングを活用しての試合運び

ボクシングのディフェンスではパリングをよく使います。

ですので試合に勝つためには、このパリングをいかに練習するかが大事です。

練習方法はスパーリングよりもマスボクシングがいいですね。
スパーリングよりもマスボクシングの方が緊張もなく練習できます。

パリングとリードパンチはセットです。

リードパンチで牽制しながらパリングで防御はボクシングの駆け引きの基本ですね。

左ジャブ活用法3

左ジャブは右構えにボクサーにとって重要なパンチです。

 *ジャブを有効に使う

・相手の口元を狙う
相手のガードが空いたときに効果的です。
少し左にまわりこんで打つと当たります

・相手の目を狙う
相手の両目の間を狙うとクリーンヒットにつながります


・ボディーに打つ
上を撃って行き、相手の意識を顔面に集中させといて打つとヒットします。

ボクシングでクリーンヒットは難しいものです。
ですから捨てパンチや牽制などの工夫をたくさんしなければなりません。意気込みすぎないことがポイントです。


☆ボクシングのテクニック集☆




2019年02月14日

練習でケガしない

スポーツには怪我がつきものです。

特にボクシングは練習による怪我が多いです。

手の怪我をする練習生をよくみます。
ボクシングは手が大事です。その手を守るために正しい練習方法で怪我を防がなければなりません。


        ☆怪我を防ぐには☆

手首を曲げない

 これは大事です。手首を曲げたままサンドバック、ミット打ちを行うと手首を傷めます。
 ボクシング初心者は何度注意しても直りませんがね・・・

・柔軟体操をしっかりする

これはどのスポーツにも共通事項ですね。
練習前の柔軟体操を怠ると、足を攣ったり、筋をいためたりします。
ひどいときには、アキレス腱がきれたり肉離れがおきます。

練習後の柔軟体操も大事です。疲労回復にもなりますからね

=ボクシングのテクニック集=






posted by 茂 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

最強のボクシングトレーニング 



ボクシングジムに通いたくても、少し抵抗がある方にオススメ。

ジムで教わる初歩的なことが載っています。

またジムに通ってる人もこの本を読んでジムで実践してみましょう。

筋トレしている人にもオススメですね。
ボクサーみたいな逆三角形のような体を作りましょう。


2019年02月10日

ダッキングの注意点

よくジャッジをしていて気になるのはダッキングです。
頭を下げたまま前進し攻撃をする選手をみかけることは多くあります。

頭を下げたまま前進しクリーンヒットを当ててもジャッジによっては有効打としないこともあります。

ダッキングをするときは頭を前に下げずに垂直に下げ、そのまま前進せずに一度頭を上げてから前進すれば注意を受けることはないでしょう。

前進するならヘッドスリップの方がいいですね。

☆ボクシングのテクニック集☆
posted by 茂 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

ジャブでコントロール

ボクシングで多く使うパンチはジャブです。
しかし、多く使うパンチですが確実な有効打としてはなかなかポイントがとれないパンチでもあります。

ジャブを使うにあたっては強弱をつけて試合をコントロールし有効打のヒットにつなげる事ですね。




2019年01月21日

自宅でボクシングの練習



まだ初心者のかたにオススメです。
値段もお手頃ですね。

パワーをつける目的でやるよりかは、パンチのタイミング練習で使うといいでしょう。

上下左右のコンビネーションの練習にもなりますね。

2019年01月08日

ジャブとは?

ジャブはボクシングの基本中の基本のパンチです。
最初に習うのはこのパンチです。
とても奥が深いのでマスターするのは不可能に近いですね。

右構えのオーソドックのボクサーは左のストレートがジャブになります。

          ジャブの主な活用法

相手を牽制するときにつかう。
相手を翻弄するときにつかう。
距離をつかう。
スタミナ回復のためにジャブで牽制
有効打につなげるために使う。

おそらくパンチの中で一番バリエーションがあるでしょう

ジャブをうまく使うコツは強弱をうまく使い分けることです。

2019年01月04日

ガードの基本

ガードはもっとも良く使うディフェンスです。

正しい構えがガードにもなります。

正しい構えとは?

1 あごを守っている

2 わき腹をまもっている

この2つが大きなやくわりです。

ガードの低いボクサーはうたれすぎて短命に終わります。
参考となる選手は元フライ級王者のユーリ・アルバチャコフがうまかったです。




2019年01月02日

井岡一翔は4階級制覇できるか?

4階級制覇を目指していた井岡一翔がドニーニエテスに敗れ王者奪取にはならなかった。
判定は割れ、1-2のスプリットであった。

今後、井岡は海外での試合が多くなるから海外のジャッチに印象の良い試合運びをしなければならないだろう。

まずは、パワーあふれる試合展開が大事でしょうね。
軽いパンチのヒットでは、採点の対象とならない事があります。

もし、井岡がドニーニエテスと日本で試合していたならは、井岡が勝っていたかと思われる。
posted by 茂 at 22:18| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする