2019年05月25日

パワー スピード テクニック スタミナ どれが一番大事?

パワーもスピードもテックニック、スタミナどれもすべて備わったボクサーはいません。

どれが大事なものを順番になれべると・・・

1 スタミナ
スタミナがないとせっかくのパンチ力やテクニックが活かされません

2 スピード
このスピードがないと、パンチが当たりません

3 パワー
相手がテクニックだけのボクサーでしたら、パワーで相手を弱らせて攻略することができるでしょう。

ボクシングは最高12ラウンド闘うことになります。
いくらテクニックやパワーがあっても、相手を中盤までに倒せなかったら、終盤にKO負けの危機になります。爆弾

ボクシングは日々のジムワークやロードワークでスタミナ強化をする事が大事です。グッド(上向き矢印)


2019年05月19日

井上尚弥はドネアに勝てるか?

圧倒的な強さでロドリゲスに勝利した井上。
井上がドネアと対戦したらどのような試合展開になるだろうか?

スピードでは井上が上だろうが、ドネアにはキャルア、経験がある。

井上は慎重な試合運びをすればドネアに勝てるだろうけど、油断は禁物。
序盤にドネアのカウンターに注意し、ドネアのボディを打ちつけ、ドネアのスタミナを消耗させれば、井上が終盤にはKOするでしょう
posted by 茂 at 21:30| Comment(0) | ボクシングの評論と予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

基礎知識 右ストレート

右ストレート

 右構えの選手にとって、右ストレートは威力抜群です。

 ・打ち方の注意点・

 *腰をしっかり回転させ、同時に肩も回転させる。
 *バランスをしっかり保つ
 (練習生はよく、右を打つとバランスが前かがみになりすぎます、ボクシングはバランスが命です)
 *左ガードをさげない
  (右を打つと、左ガードが空き、顔面が、がら空きになる人が多いです)


ボクシングのテクニック集

 


 
posted by 茂 at 03:09| Comment(1) | TrackBack(0) | ストレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

ロードワークをする

              ロードワーク

ロードワークはジムワーク同じくらい大事です。
週に5回、6回はやらないといけないです。

1ダッシュをまじえたロードワーク
これは芝生や陸上競技場でやりましょう。
50M、30Mのダッシュを10本ぐらいやります。
その後は、かるいランニングで2キロぐらい走ります。
効果は心肺機能強化と足腰強化につながります。
ラッシュパンチに有効です。

2 長距離ランニング
だいたい10キロぐらいを休むことなく走ります。
効果としては、スタミナ強化、脂肪燃焼などがあります。
街中でもやれますが、アスファルト上を走るので、ヒザをいためないシューズで走りましょう。


グッド(上向き矢印)衝撃吸収のランニングシューズがおすすめ

2019年04月03日

フットワークを使う選手

フットワークが得意な選手が試合に勝つ為には、ワンツーとアッパーをしっかり練習するといいでしょう。

足を使いながらワンツーで主導権を握り、接近したらアッパーを打つと優勢な試合運びが出来るでしょう。

注意点としては、撃たれながら後ろに下がらないことです。これを頻繁やるとカウントがはいります。

またしっかりとしたストレートのヒットも大事ですね。
posted by 茂 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

自宅で左フックの練習(初心者編)

ぼくは現役時代はよく左フックを練習しましたパンチ
自宅での練習法を教えます

1  左手を左足をまえにだす
2  両手を顔まであげる
3  左を90度に曲げると同時に腰を動かす
4  打ち終わりは左肩をあごにつける
5  フォームを元に戻す

みなさん 自宅でぜひ練習してください






続きを読む
posted by 茂 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

親子でボクシング 



子供をジムに通わせるには費用と送り迎えが大変です。
しかもすぐに辞められたら入会金を損します。
まだ小学校低学年なら自宅でお父さんがコーチするのもいいですね。


2019年03月12日

フックを防御

接近戦でのフックは重要です。
もちろん相手も使ってくるから、しっかりディフェンスしなければなりません。

一番いいのがガードです。

ですので接近戦をするときはガードを下げずに基本スタイルのままパンチを出さなければなりません。
そしてバランスも大事です。

接近戦はしっかりとした基本練習で上達します。

2019年03月02日

ボディーへのストレートの注意点

・ボティーへのストレート

ある程度ワンツーを打てるようになったら、ボディーへのストレートパンチを練習することをオススメします。

  =注意点=

1.バランスよく打つ

両膝をしっかりまげ、腕だけが下に向かっていかないようにする。

2.引きを早く

多くの練習生は打つことに意識しすぎて引きを怠ります

3.頭を下に向けない

目先はまっすぐ。頭を下に向けると反則になります。




ボディーにストレートを決めるとポイントゲットになるので、しっかり練習するとよいでしょう。



posted by 茂 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

左フックを防御する

インファイターの多くは左フックを多用します。
なかにはジャブの代わりに左フックをリードパンチとする選手もいます。

◎左フックの防御法
・スウェーバック

・バックステップ

・ウェービング
主な防御法はこの3つですね。
ボクシングは防御だけでは勝てません。たとえばスウェーバックのあと右ストレートのカウンターも効果的です。

バックステップの後にジャブでけん制するのもよいでしょうね。


☆ボクシングのテクニック集☆









posted by 茂 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする