2017年03月14日

ボクシング初心者におすすめ 大橋秀行のボクシング完全教則



ボクシングの初心者の方は、最初からさまざまなパンチは教えてもらえません。
ジムによってはジャブだけで1,2か月という場合もあります。

基本練習は大事ですが飽きてしまいますね。

かといってボクシングの本を読んでもパンチの打ち方の理解は難しいでしょう。

DVDだと本よりはわかりやすいです。

注意点としては初心者の方のDVD教本だけを見ての練習は禁物です。
悪い打ち方のクセが抜けなくなります。

あくまでもボクシングはジムで練習するのが一番ですので、本やDVDなどは参考程度にしておくのが一番効率がいいですね。

左ボディーアッパー

左ボディーアッパー(右構え)はアッパーの中でよく使われます。


       左ボディーアッパーの注意点

・近距離でしか使えない。

・いきなり打っても効果はない(当たらない)

・もう片方の手はしっかりガードする

・バランスはくずさない


       主な活用法

・相手の右ストレートをダッキングでよけ、そのまま打つ

・ワンツーのあとに右ボディアッパー

・右ボディアッパーの後に左フック(顔面)を打つ

・相手の左フックをガードして、そのまま左ボディアッパーを打つ


左ボディーアッパーは、単独ではあまり意味がありませんが、効果的に当てていくと、相手にジワジワとダメージを与えます。

ボクシングの攻撃テクニック