2017年03月25日

初めてのディフェンス パリング練習

ボクシングの防御でパリングはかなり重要です。

ダッキングはエネルギー消費が多いし、ガードは受けたときのダメージと見栄えが悪いです。

パリングの基礎は相手の左ジャブを右手が少し払うことです。

           パリングの注意点
1 パンチを払う時の右手の動きはごくわずかにする
だいたい動かすのは3センチぐらいです

2 左手でやらないようにする
左手のパリングが癖になると相手の右カウンターをもらいます。

3 コンビネーションを打たれたときはパリングだけで対応しない。
パリングとは単発のパンチで効果を発揮します



posted by 茂 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする