2017年04月05日

減量中は水分補給が大事

よく減量中に水分の補給を我慢するボクサーが多くいます。

たしかに水分補給を控えると、体重が減りますが、あまりこのやり方はオススメできません。ふらふら

なぜなら水分補給をしないと、血液がドロドロになり、血流が悪くなった状態でスパーリングをすると、かなり危険な状態です。
スパーリングでも脳の血管がわずかですが、切れたりすることがあるんです。ふらふら

あしたのジョーの力石徹がその例でしょう。パンチ
水分補給をせず、激しい練習と矢吹ジョーとの試合で死亡しました。
これは、マンガの世界だけの話ではなく現実に起こるとこです。

ですから水分補給は選手生命維持のためにしっかりと行わなければならないことです。




posted by 茂 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左ジャブを防御する。

左ジャブはオーソドックスタイプの基本パンチです。

右構えの人は必ずこのパンチから練習します。
したがって対戦相手もこのパンチを一番練習しているはずですね。

 左ジャブのデフェンスのやり方

1 パリング
これは一番つかわれるデフェンスです。
これをマスターすると試合を有利にすすめることが出来るでしょう。

2 ヘッドスリップ
相手のジャブは顔の横でよけるデフェンスですね。
辰吉丈一郎が非常にうまかったです。
習得にはかなりの練習が必要で、スパーリングよりはマスボクシングが有効。

おもにこの2つをマスターすればジャブ対策には有利ですね。