2017年02月21日

ボクシング コンビネーションの練習 

コンビネーションをミットで練習

高校生はストレートを練習すると良いでしょう。
やり方として、

ジャブ ワンツー 3つ 4つ ワンツー 

これをやると良いでしょう

全部ストレートでミットを持つ側は微妙に動きながらやるのがコツです。

練習始めたばかりの試合出場希望の選手はフック、アッパーの練習よりストレートの練習を多くしたほうがいいですね




ボクシング練習生のためのフットワーク講座

ボクシングはフットワークが基本です。

いくら腕力があって強いパンチ力をもっていたとしてもフットワークがなければその威力は発揮することはできません。

フットワークの基本は膝を使うことです。
膝を車のピストンのように動かすことがポイントです。

そしてバランスこれが大事ですね。
横や前、後ろに動いたときにバランスを崩さないことが大事です。

   練習法
フットワークの基本練習は反復です。

鏡に向かって前後の動きからやると良いでしょう。


2017年02月05日

左ボディをきめる

左ボディはオーソドックススタイルの選手が多く使います。
単発で当てるには難しいパンチですがコンビネーションとカウンターを組み合わせれば効果的にヒットします。

よく使うコンビネーションは、
ワンツーの後に打つ左ボディですね。

接近戦やロープ、コーナーでの打ち合いで重要なパンチです。

2017年01月26日

ミットでスタミナ強化

ボクシングはスタミナが大事です。

スタミナがなければ、どんなにテクニックやパンチがあっても試合には勝てません。

スタミナ強化の練習は、簡単ですが一番つらい練習です。

ミット打ちでもスタミナ強化は十分にできます。


     =ミットでのスタミナ強化のポイント=

・だらだらとやらない
・長いラウンドやる必要はない(多くても4ラウンドまで)
・つねに休むことなく集中する
・テンポよくスピードを落とさずにする
・ラスト30秒はノンストップ打ちをする


だいたい初心者は2ラウンドでバテバテになるので、ミットを持つ側は、ジャブだけの指示をだすほうがよいでしょうね。







2017年01月24日

コンビネーションの活用1

        コンビネーションの活用

コンビネーションパンチは、さまざまなパンチを組み合わせて使う技です。
ですから、それぞれのパンチをマスターしていないとコンビネーションは使えません。

       ・コンビネーションのパターン・
         (オーソドックススタイル)
1・ワンツー、左アッパー、右ストレート
このパターンは最後の右ストレートを強く打つ事がポイントです。
ワンツー、左アッパーは捨てパンチですので強く打たないで、最後の右をヒットさせるのが理想的です。

2.ボディーへワンツー、顔面左フック、右ストレート
これも最初の3つのパンチは捨てパンチです。
相手の左ストレートが飛んできた時に、効果的に使えるコンビネーションです。つまり、最初のボディーへのワンツーはダッキングしながら打つのです。

3.右ストレート、ワンツー
これは最初に、強いパンチである右を使い、そのままワンツーを打つパターンである。
いきなり強いパンチを打たれたら、どんな相手も一瞬だけ防御スタイルになります。そのままワンツーを打ち込むことで、効果的な攻撃となります。

今回はパターンを3つだけ紹介しました。
まだまだありますので随時紹介していきます。





ボクシングの基本 ワンツー

ボクシングの基本コンビネーションパンチはワンツーです。

このシンプルなジャブとストレートの組み合わせのワンツーですが、かなりの重要なコンビネーションです。

最初に練習するコンビネーションのワンツーですが、誰もが最初はなかなかできないパンチです。
しかもかなりの反復練習もさせられます。

ワンツーの注意点ですが

1 パンチの打ち終わりにガードを下げない。

2 しっかり腰を使う

この2点を多くの練習生に注意してきました。

どうしてもパンチを打つことに意識してしまいガードが下がる練習生が多かったですね。

また手打ちになってしまい腰を使わずに腕だけでパンチを出そうとする人も多くいました。


ワンツーをかっこよく打てればシャドーボクシングもかっこよくできますよ





左ジャブの活用法2

左ジャブは右構えのボクサーにとって一番使われるパンチです。

おもな活用法

1 距離を測る
ジャブで距離を測り攻撃につなげます
これは元WBCバンタム級チャンピオンの薬師寺保栄が得意でした

2 有効打につなげる
コンビネーションと併用で使うと良いでしょう

3 ポイントを稼ぐ

4 ダメージを与える
これは右ストレートほど効果的ではないが、連続であてるとかなりのダメージとなります。また相手の精神的にもダメージを与え冷静さを失わせる効果があります。

かつてジャブだけで世界を制したボクサーがいました。
バージンヒルです。
あのトーマスハーンズのライバルでもあります。

ジャブをうまく使えないと試合運びが出来なくなるので、よく練習しましょう・・・・






2017年01月02日

ロードワークをする

              ロードワーク

ロードワークはジムワーク同じくらい大事です。
週に5回、6回はやらないといけないです。

1ダッシュをまじえたロードワーク
これは芝生や陸上競技場でやりましょう。
50M、30Mのダッシュを10本ぐらいやります。
その後は、かるいランニングで2キロぐらい走ります。
効果は心肺機能強化と足腰強化につながります。
ラッシュパンチに有効です。

2 長距離ランニング
だいたい10キロぐらいを休むことなく走ります。
効果としては、スタミナ強化、脂肪燃焼などがあります。
街中でもやれますが、アスファルト上を走るので、ヒザをいためないシューズで走りましょう。


グッド(上向き矢印)衝撃吸収のランニングシューズがおすすめ

2016年12月01日

フットワークは反復練習が大事

ボクシングのフットワークはパンチ力同様に重要です。

フットワークをうまくやるにはフットワークの基礎力をつけることが大事です。

つまり動きながらバランスを崩さずにつねに同じ歩幅であることが大事です。

動いてバランスが悪くなったら反撃の攻撃もできないし、打たれたときにダウンしてしまいます。

     練習方法

満月 かなり時間をかけることです

自宅で前後の動きを一日2時間ぶっとうしでやると、よいでしょう。

注意点としてはつねに歩幅は一定に保つことまた足のバランスを考えることです。




2016年11月06日

左ジャブについて研究しよう 

ジャブはボクシングの基本です

利点

スタミナ消費がすくない
距離を測る
けん制
有効打につながる

などがあります。

最初に習うパンチでもありますが、ある意味一番奥が深いパンチかもしれません

まずはガードを下げずに2ラウンド打つことが出来るまで練習すると良いでしょう











2016年10月15日

右ストレートとは?基礎編

右ストレートは、右構えのボクサーにとって大事なパンチです。

ジャブの次に習うのはこのパンチです。

        ぴかぴか(新しい)打つときの注意点

1バランスをくずさない
打った後に前のめりにならない

2左のガードをきちんとする
よく練習生は右ストレートのあとにガードが下がります

3力みすぎない
力がはいりすぎてバランスがくずれます
また手打ちになります
右ストレートは腰の回転と肩の回転がポイントです








2016年09月12日

ジャブとは?

ジャブはボクシングの基本中の基本のパンチです。
最初に習うのはこのパンチです。
とても奥が深いのでマスターするのは不可能に近いですね。

右構えのオーソドックのボクサーは左のストレートがジャブになります。

          ジャブの主な活用法

相手を牽制するときにつかう。
相手を翻弄するときにつかう。
距離をつかう。
スタミナ回復のためにジャブで牽制
有効打につなげるために使う。

おそらくパンチの中で一番バリエーションがあるでしょう

ジャブをうまく使うコツは強弱をうまく使い分けることです。

2016年09月03日

ボクシングはフットワークが大事

ボクシングはフットワークが大事です

よく高校生は力みすぎてパンチを殺してしまいます

これではスタミナがもちません

フットワーク、つまりひざを上手に動かすことが大事です

フットワークを駆使すると動きながらのカウンターが打てます

ボクシングは細かいフットワークをマスターすることが実力アップの近道なのです





2016年08月19日

パワー スピード テクニック スタミナ どれが一番大事?

パワーもスピードもテックニック、スタミナどれもすべて備わったボクサーはいません。

どれが大事なものを順番になれべると・・・

1 スタミナ
スタミナがないとせっかくのパンチ力やテクニックが活かされません

2 スピード
このスピードがないと、パンチが当たりません

3 パワー
相手がテクニックだけのボクサーでしたら、パワーで相手を弱らせて攻略することができるでしょう。

ボクシングは最高12ラウンド闘うことになります。
いくらテクニックやパワーがあっても、相手を中盤までに倒せなかったら、終盤にKO負けの危機になります。爆弾

ボクシングは日々のジムワークやロードワークでスタミナ強化をする事が大事です。グッド(上向き矢印)


2016年03月13日

スタミナについて

ボクサーにとってスタミナはもっとも重要な部類にはいります

しかしこのスタミナそう簡単につけることはできませんふらふら

スタミナは幼少期につけないといけないからです

しかし、努力によってつけることも出来ますパンチ

それは、毎日のジムワークとロードワークですパンチ

ジムワークはスパーリング中心にやると良いでしょうひらめき

また心理的スタミナ これは、プレッシャーによるスタミナの激減に関係があります。

強い相手と戦う時は、この心理的スタミナが減りますね

これも毎日の練習によって克服できます




北海道グルメ 海産物 かに ほっけ 魚 蟹 全額返金制度あり





2016年03月03日

アッパー使用法 その1

        アッパー使用法 その1

    <アッパーカットの使い方・基礎編>

アッパーは下から上に向かって撃つパンチです。
ひじを曲げて打ちますから主に接近戦で使用します。
コンビネーションで使うことがほとんどです。単独ではあまり使わない

また、ファイタータイプの選手のカウンターとして有効なパンチです

           ・注意点・

・もう片方の手はしっかりガードする

・距離を考える 遠距離からのいきなりのアッパーは意味なし

・撃つときは前のめりにならずに、バランスよく撃つ

・腰もしっかりつかう



         ・アッパーの活用法(右構え)

1.ワンツー、左アッパー
2.ジャブ、右アッパー
3.右ストレート、左アッパー

つまり最初のパンチでアッパーを使うことはあまりないです

日本人は残念ながらこのアッパーは苦手です。メキシコ人ボクサーはうまいですけど。





2016年02月22日

練習後の疲労回復

ボクシングは日々の練習が大事です。
また疲労回復も同じくらい大事です。

なぜなら疲労しきってる状態では、満足な練習もできません。

*疲労をためない方法

1.練習前と練習後のストレッチ
これは非常に大事です。しっかり30分以上やるのが理想的です。
ストレッチをしっかりしないと筋肉疲労がたまり、精神的にも苦痛です。

2.ぬるま湯での入浴
これは結構効きますね。心身ともリフレッシュできます。
しかし、スパーリング等で打たれた時は控えたほうがよいです。

ボクシングは練習と日々の管理が大事です




りんごのふる里青森のEM自然農法による津軽りんごです。





2015年11月02日

ボクシングのフットワークは日々の練習が大事です

高校生の新人はやっぱりフットワークが課題となります。

だいたい3ヶ月たったころに練習するとよいでしょう。

やりかたはいたってシンプルです

その中の1つにリングのロープ際で横走りに動くやり方と、
鏡に向かってジャブを打ちながらの練習があります。

後ろに下がりながら打つ練習もありますが、これは難しいので前進してうまく打てるようになってからやると良いでしょうね。

フットワークは軽量級の選手は絶対にマスターしなければなりません



2008年03月29日

左ジャブ活用法 その1

右構えのボクサーにとって左ジャブは基本中の基本である。あのモハメド・アリも「左を制するものは、世界を制す」といっているぐらいである。
しかし、初心者にとって左パンチというものはじつに打ちづらいものである。でも心配することは、ありません。毎日鏡にむかって左ジャブの練習をすればできるようになります。ちなみに韓国のボクシングジムでは最初の半年はジャブしかおしえてもれえません。そのくらジャブは大事なのです。
  ジャブを打つときの注意(初心者)
1.ジャブを打って戻すときは、必ず元の位置にもどす
2.打ったとき前かがみにならない
3.正面にうつ
  (打ち終わりにこぶしが顔の正面にくるようにする)

2008年03月13日

左フックの練習(ジム)

左フック
 このパンチは基本中の基本のパンチです晴れ
 ファイタータイプの人はぜひマスターしよう手(グー)

 HOW TO
     1 体を左にくねる
     2 ひじを90度にたもちながらひじが顔の正面にくるまで放つ
     3 そしてすぐにもどす
  以上が基本的なパターンです
 
 練習のやりかた
     1 サンドバックを右ななめ前におく
     2 そして上記のやりかたで練習する



ぴかぴか(新しい)ボクシングの攻撃テクニック