2017年04月16日

ダッキングの注意点

よくジャッジをしていて気になるのはダッキングです。
頭を下げたまま前進し攻撃をする選手をみかけることは多くあります。

頭を下げたまま前進しクリーンヒットを当ててもジャッジによっては有効打としないこともあります。

ダッキングをするときは頭を前に下げずに垂直に下げ、そのまま前進せずに一度頭を上げてから前進すれば注意を受けることはないでしょう。

前進するならヘッドスリップの方がいいですね。

☆ボクシングのテクニック集☆
posted by 茂 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

試合に勝つために

試合に勝つ為には、しっかりとジャッチにアピールしてポイントを取らなければなりません。
ポイントを取るには、ラウンド中の最初よりラウンド後半にしっかり主導権を握りクリーンヒットを当てれば、たとえラウンド前半にポイントを取られても、そのラウンドを取ることができます。

試合に勝つ為にはラウンド後半にラッシュ出来るスタミナをつけることですね。
posted by 茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

フットワークを使う選手

フットワークが得意な選手が試合に勝つ為には、ワンツーとアッパーをしっかり練習するといいでしょう。

足を使いながらワンツーで主導権を握り、接近したらアッパーを打つと優勢な試合運びが出来るでしょう。

注意点としては、撃たれながら後ろに下がらないことです。これを頻繁やるとカウントがはいります。

またしっかりとしたストレートのヒットも大事ですね。
posted by 茂 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有効打を当てるには

ジャッチをやっていて思うことは、微妙なパンチのヒットを有効打とするかどうか迷います。
ラウンド中は細いパンチの多い試合だと、たとえヒット数が多くても、しっかりとした有効打が数発あるだけで勝ちにすることがあります。

ですので効率のいい有効打であるワンツーをしっかり練習するといいですね。
posted by 茂 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする