2017年09月28日

基礎知識 右ストレート

右ストレート

 右構えの選手にとって、右ストレートは威力抜群です。

 ・打ち方の注意点・

 *腰をしっかり回転させ、同時に肩も回転させる。
 *バランスをしっかり保つ
 (練習生はよく、右を打つとバランスが前かがみになりすぎます、ボクシングはバランスが命です)
 *左ガードをさげない
  (右を打つと、左ガードが空き、顔面が、がら空きになる人が多いです)


ボクシングのテクニック集

 


 
posted by 茂 at 03:09| Comment(1) | TrackBack(0) | ストレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

右ストレートをきめる

オーソドックスの選手は右ストレートが大事です。
この右ストレートをヒットさせれば有効打になる事は間違いないです。

しかし、この右ストレートは当てるのは難しいです。

よくボクシングの試合に出たばかりの選手は、強い右ストレートを当てようと力みすぎます。
これでは試合展開は悪い方向になります。


右ストレートは力まずジャブなどを組み合わせていけば有効打につながります。
posted by 茂 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

右ストレートの注意点 その1

右ストレートはオーソドックスの選手にとっては大事なパンチです。

この右ストレートが打てないと、試合に勝つどころか出場は無理でしょうね。

          右ストレートの注意点

・打つとき左のガードをしっかりする。

・体重をしっかり乗せる。

・引きを早くする

・打ち終わったらしっかり元の構えにもどす


よくありがちな悪い打ち方ですが、ある程度スパーリングしたりすると、右ストレートをだすとき後ろかがみになりながら打つ人がいます。
おそらく右ストレートを出したときにカウンターが怖いのでしょう。

これではしっかりとしたパンチは打てません。

右ストレートを打つのはカウンターに恐れないという勇気も必要なんです。




posted by 茂 at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする