2017年08月15日

山中慎介×ルイスネリー 

山中慎介がメキシカンのルイスネリーと対戦。

今回の試合では山中は防御をしっかりしたいですね。

一発くらうと次から次へとパンチを打ってくるメキシカンに要注意ですね。

また接近戦でのアッパーにも注意したい。不用意にもらい、そのまま連打でKO負けもあります。

今回はいかにディフェンスを重視するば間違いなく勝つでしょうね。
posted by 茂 at 15:08| Comment(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

試合予想。山中慎介、ルイスネリー

山中慎介が無敗のルイスネリーと対戦。

無敗のメキシカン相手に山中は、どんな作戦で挑むのだろうか?

山中の持ち味である左ストレートは相手に知られています。

そして相手はメキシカンであるので日本人ボクサーが苦手とするアッパーを多用してくるでしょう。

接近戦は山中にとって注意したいですね。

おそらく試合は疲れたところの後半に左ストレートを決めるでしょう
posted by 茂 at 22:01| Comment(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

村田諒太の再戦 エンダムに勝てるか?

村田諒太がエンダムと再戦する事になりました。

前回の試合ではダウンを奪いパンチを多くヒットさせていたけど負けました。

今回の課題はパワーでしょう。

明確かつダメージのあるパンチを多くヒットさせれば勝つでしょう。

焦ってKOを狙ってしまうとカウンターが危険ですので慎重な試合運びをすると思われる。
posted by 茂 at 20:30| Comment(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

田中恒成×アンヘルアコスタ

田中恒成の対戦相手は16勝全KOのプエルトリカンのアンヘルアコスタと防衛戦をやります。

アマチュアでも160戦とうキャリアの持ち主。
オリンピックには出ていないものの経験、テクニックは持っていますね。

全KOでしかも早いラウンドでの勝利の多い挑戦者。

序盤はアコスタの連打を田中が防ぎければ、中盤か終盤に田中がKOできるでよう。

田中恒成がいかにコンディションを整えるかが勝利のカギですね。

☆ボクシングのテクニック集☆
posted by 茂 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

山中慎介✖︎カルロスカーラルソン

山中慎介がデビュー戦以外の負けなしのカルロスカーラルソンと防衛戦を行います。

相性はいいと思います。
なぜならメキシカンは日本人日本人はないアッパーを打ってきますが、山中はそれを超える左ストレートがあるからです。
アッパーにはストレートが効果的にきまります。

試合の課題としては、これまでKO負けのない相手を倒す事ですね。

危険なのは終盤まで試合がもつれ込む事です。
不本意な接近戦でフック、アッパーを食らうと危険ですね。
posted by 茂 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

ミニマム級統一戦 井岡一翔×八重樫東 勝つのはどっちだ?

今年最大の試合ですね。
ミニマム級
井岡×八重樫

試合展開としては井岡がスピードでフットワークを使い八重樫がテクニックと粘りで攻めるでしょう。

試合の見所は中盤あたりからと予想される。疲れ始めた八重樫に井岡のカウンターがさく裂しそうだ。

八重樫は井岡の苦手とする、体をくっつけてのボクシングをすれば井岡のペースをくずし有利な試合展開ができるでしょうね。

予想としては僅差で井岡が判定勝ちでしょうな。

posted by 茂 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

清水智信×ウーゴ・カサレス

元フライ級日本王者の清水智信が階級を上げてウーゴカサレスに挑む。

ウーゴカサレスは日本人キラーで有名ですね。

清水はこれが3度目の挑戦です。

階級を上げた清水は、おそらくスピードとフットワークをいかしたボクシングを展開するでしょう。

清水は得意の左ジャブを生かしていかにして試合をコントロールするかが勝利のカギですね。
posted by 茂 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

井岡一翔はスピードでオーレドンを攻略だ

アマチュア出身のエリートボクサー、井岡一翔が7戦目でベテラン王者のオーレドンに挑む。

井岡がオーレドンに勝つにはスピードを生かしヒットアンドアウェーを繰り返して、クリーンヒットをもらわなければ勝てるでしょう。

注意点としては無謀な接近戦を仕掛けないことですね。

バランスの抜群の王者相手に接近戦は危険です。

また井岡はアマ時代は接近戦の得意な大久保に敗れています。

ストレートパンチを多用し、オーレンドンの前進を、食い止めれば井岡の王者奪取もありえますね。
posted by 茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

内山高志×三浦隆司

WBAスーパーフェザー級王者の内山高志が日本人の三浦隆司相手に防衛線を行う。

急遽相手が変更となったが、問題はないでしょう。

試合は序盤から内山の強打でプレッシャーをかけ中盤ありでKOするかと思われます。

三浦陣営がいくら相手を研究しても内山の強さを破ることは難しいでしょうね。

しかし内山は油断するわけにはいかないでしょう。

年齢的にもボクシングするには厳しくなっているので、長ラウンドの試合は厳しいですね。
posted by 茂 at 03:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

李冽理×下田昭文

WBAスーパーバンタム級王者の李冽理が帝拳ジムの下田相手に防衛線をおこなう。

試合展開としては、パワーアップした王者の李冽理が、挑戦者の下田を序盤から、ストレートパンチで挑戦者にプレッシャーをかけていくことでしょう。

一方の下田はガードを固めながら、王者のスキをつく戦法をとると思われる。

試合の見せ場は、下田のプロたたき上げの粘りでしょうね。

身体能力で上回る李冽理が優位に試合をすすめると思われる。


posted by 茂 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

亀田興毅はアレクサンデルムニョスに勝てるか?

3階級制覇をバンタム級でいどむ亀田興毅。

フライ級から2階級も上げたバンタムでいどむことになりましたね。

相手は日本人キラーと言われたアレクサンデルムニョスです。

かつては強打でしられたムニョスですが、年齢的に引退してもおかしくないような年です。

亀田プロモーションのマッチメークはさすがですな。


年老いたとはいえ、かつての強打は油断なりません。


おそらく興毅は足をつかい、ジャブを多用し左ストレートをタイミングよくあわす作戦にでるでしょうね。

判定で興毅が有利でしょう。


posted by 茂 at 03:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

亀田大毅×ロセンドベガ

世界王者の亀田大毅が元世界ランカーのロセンドベガ相手にノンタイトル戦を行う。

元世界ランカーのメキシカンですが、油断は禁物です。

メキシコの選手独特のパワーある突進とアッパーは、アジアの選手にとってやりにくさがあります。

亀田大毅はまだまだ若い選手です。

ですので、ベガのようなファイタータイプの選手を上手に攻略して経験とキャリアをつんでもたいたいですね。

おそらく試合は終止、大毅がベガの突進をカウンターで主導権をにぎり、中盤もしくは終盤に試合をストップするんではないかな?




posted by 茂 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

内山高志、グラナドス相手にどう戦う?

内山高志が長身のグラナドス相手に防衛戦をおこなう。

リーチ、身長で大きく上回るグラナドス相手に内山はどう戦うんだろうか?

内山の注意点としては、ガードを下げないことですね。

長身でリーチのあるボクサーは顔面に多くのジャブを繰り出します。

ですので離れた距離でも手を下げることはできません。

つまり終止気をはっていけないといけないので精神的に疲労します。

いかにしてグラナドスのストレートを封じるかが内山の勝利の鍵となるでしょうね。


posted by 茂 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

長谷川穂積、KO決着なるか?

長谷川穂積が強敵相手に防衛戦を行う。

相手はWBO王者のモンティエルである。

下の階級からあがってきたモンティエルのスピードに長谷川は戸惑うかもしれません。

今回はスピード対決になるでしょう。また長ラウンドになる可能性もありますね。

これまで早い回での決着の多かった長谷川にとって、長ラウンドはきびしいものがあります。

スピードの落ちる終盤に不意の一発さえもらわなければ、長谷川が勝利するんではないかと思われる。

posted by 茂 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

西岡利晃×バンゴヤン

ベテランチャンピオンの西岡利晃が、同級10位のバンゴヤン相手に防衛戦をおこなう。

格下の相手であるが油断はできない。

相手は若さがあるので、序盤からプレッシャーをかけせめてくるでしょう。

一方の西岡は得意の左ストレートのカウンターで迎え撃つ作戦にでるのではないかと思われる。

西岡はにとって油断は禁物である。

接近戦でガードを下げれば不意の一発をもらう危険性があるからだ。

油断なく慎重に戦えば西岡は防衛成功するでしょう。


posted by 茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

亀田大毅×坂田健史どっちが強い?

亀田大毅と坂田健史が対戦するようだ。

かつて亀田と坂田は同門であった。

おたがい練習などは一緒にしてはいないので、互いの手の内などは分からない状態ですね。

キャリア、では坂田が上回るが若さがありません。

おそらく亀田大毅は序盤からガードを固め接近戦主体の作戦をとるかと思われます。

一方の坂田のほうも接近戦の作戦をとると思われる。

ですので打ち合いの多い試合になるでしょう。

なかなか見ごたえのある試合になるでしょうね。


posted by 茂 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

長谷川穂積は今回も短期決戦を狙うか?

これまで早いラウンドで決着をつけてきた長谷川穂積。こんかいのモンティエル戦も短期決戦を狙う作戦にでるんではないでしょうか?

なぜなら減量苦によるスタミナの不安があるからです。

きつい減量はスタミナに大きく影響を与えます。

ですのでスピードで上回る長谷川は今回も左右の連打で序盤から試合を展開するでしょう。

12ラウンド戦うのは長谷川にとって大きく不利なことでしょう。


posted by 茂 at 13:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

西岡利晃、半年ぶりの防衛戦はどうでる?

西岡利晃が挑戦者バルウェグ・バンゴヤン相手に防衛戦をおこなう。

無敗の無名の選手である。

ここは、とりあえず防衛といきたい帝拳ジムの考えですな。

しかし、油断はできません。あのホルエリナレスも格下相手に1ラウンドで敗れました。

もう年齢的に後のない西岡にとって防衛失敗は許されないことです。

おそらく試合は序盤から西岡の左ストレートで試合をコントロールすることでしょう。


posted by 茂 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

亀田興毅はポンサクレックをどう攻略するか?

WBCフライ級王者の亀田興毅が暫定王者のポンサクレック相手に防衛戦をおこなう。

ポンサクレックといえばフライ級で長期政権を築いたベテランである。

内藤大助に敗れたポンサクレックですが、そのパワーはまだ健在です。


亀田がどうポンサクレック対策をとるだろうか?

おそらく無謀な打ち合いはさけ、アウトボクシングをするんではないかと思われる。

足をつかい、効果的な左ストレートを出していけば、判定で勝利するでしょうね。



posted by 茂 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

亀田大毅は後半でデンカオセーンを追い込むでしょう。

WBAフライ級タイトルマッチは挑戦者の亀田大毅が後半にデンカオセーンを追い込めば、判定で勝つ可能性は大です。

心配なのは減量苦によるスタミナかな?

成長期の大毅にとって、2年3年も同じ階級でやるのはきついものがあります。

前王者の坂田を1ラウンドでKOした右のショートストレートには気をつけなければなりません。
また、王者が疲れたとき、クリンチに来たら、ショートアッパー、フックなどと打ち込めば、ポイントゲットできるでしょう。

最後まで攻め続ければ亀田大毅の王者奪取は間違いないでしょうね。






posted by 茂 at 15:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする