2017年04月05日

減量中は水分補給が大事

よく減量中に水分の補給を我慢するボクサーが多くいます。

たしかに水分補給を控えると、体重が減りますが、あまりこのやり方はオススメできません。ふらふら

なぜなら水分補給をしないと、血液がドロドロになり、血流が悪くなった状態でスパーリングをすると、かなり危険な状態です。
スパーリングでも脳の血管がわずかですが、切れたりすることがあるんです。ふらふら

あしたのジョーの力石徹がその例でしょう。パンチ
水分補給をせず、激しい練習と矢吹ジョーとの試合で死亡しました。
これは、マンガの世界だけの話ではなく現実に起こるとこです。

ですから水分補給は選手生命維持のためにしっかりと行わなければならないことです。




posted by 茂 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

減量中のボクサーの食事

試合が決まるとボクサーは減量との戦いに入ります。

減量で注意したいのは食事です。
無計画に食事を減らすことは、試合で苦しい展開になります。

        減量中の食事の注意点

・炭水化物をしっかり取る
(練習前にパスタがよいです)
・出来れば米を食べる
米の栄養は次の日も効果があるので、試合2、3日前は米を食べるとよいでしょう。

・魚の白身
魚の白身は高タンパクであるため、牛肉より効果的

・うなぎ
ビタミンC以外のビタミンが豊富
スタミナの源でもある

・卵の白身
タンパク質を効果的にとることができる

・トウフ
これはボクサーの減量に重宝されています。
体重もあまり増えないし、わりとお腹もふくれ、栄養もある。

また、野菜、水分もしっかりとり体調不良にならない程度に減量することがベストコンディションをつくるコツです。
そのためには普段からの練習をしっかりやり、無駄に体を大きくしないことですね。


posted by 茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

減量の時はバナナがよい

ボクサーの減量はダイエットと違い、苦しいものです。ふらふら
ダイエットは失敗が許されても、ボクシングの減量は許されませんからね。

ですから、ボクサー=減量といわれるくらいです。

激しい、練習と減量でボクサーは試合前にはヘロヘロな状態になっています。そこへステーキなどを食べると胃がもたれ、体調不良を起こることがあります。ふらふら

そこで、試合前にはバナナを用意すると良いでしょう。
食物繊維も多く、またバナナの糖分はすぐスタミナに変わるので、軽量後には効果的です。グッド(上向き矢印)

その他、試合前にはレモンなどの、ビタミンCなどをとるとよいでしょう。わーい(嬉しい顔)





posted by 茂 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

減量できますか?

ダイエットではありません、減量です

減量はダイエットの約10倍ぐらい苦しいです

ぼくも現役時代はよく減量に苦しみましたふらふら

試合よりも減量は苦しいのです

減量するときは必ず栄養面を気にする必要があります

減量しているかたは栄養失調にならないよう気を付けましょう




右斜め上ダイエットはこちらを参考にしてみよう
posted by 茂 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 減量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする