2017年10月24日

ガードとは?ボクシングの基本ディフェンス

ボクシングのガードは基本中の基本のディフェンスです。

ガードがさがるボクサーは必ず短命でおわりますね。

特にガードが下がる癖のあるボクサーは要注意です。

ガードの低い辰吉丈一郎もかつてはきちんとガードをしていました。
ただ勘にたよりすぎる事があるのでガードが下がってしまうのでしょうね。

ボクサーは打たれないことが大事なのです。
ですから、ガードがしっかりしている事のおかげで不用意なパンチをもらわないことも、現役中に経験しました。

ガードだけは下げないようにしましょう。



大穴・高配当ならおまかせ!! 南関東4競馬専門のWebケイバ

2017年10月22日

左ジャブの活用法2

左ジャブは右構えのボクサーにとって一番使われるパンチです。

おもな活用法

1 距離を測る
ジャブで距離を測り攻撃につなげます
これは元WBCバンタム級チャンピオンの薬師寺保栄が得意でした

2 有効打につなげる
コンビネーションと併用で使うと良いでしょう

3 ポイントを稼ぐ

4 ダメージを与える
これは右ストレートほど効果的ではないが、連続であてるとかなりのダメージとなります。また相手の精神的にもダメージを与え冷静さを失わせる効果があります。

かつてジャブだけで世界を制したボクサーがいました。
バージンヒルです。
あのトーマスハーンズのライバルでもあります。

ジャブをうまく使えないと試合運びが出来なくなるので、よく練習しましょう・・・・






2017年10月21日

村田諒太がエンダムとの再戦に勝つには?

再戦となった村田諒太とアッサンエンダム。
村田は前回の反省を生かし、積極的な攻撃を時折しかけるでしょう。

しかし、キャリアな豊富なエンダムは村田対策を万全なものにしてくるのは間違いなし。

おそらくエンダムはカウンターを多く使うでしょう。
ガードの固い村田でも、ガードだけではカウンター対策になりません。

村田が勝利するには、攻勢の時、気を抜かないことですね。
posted by 茂 at 22:18| Comment(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅でサンドバックの練習



自宅でサンドバックとパンチングボールの練習が出来ます。

このスタンドでの注意点としては、強くパンチを打ちすぎないことです。

またパンチングボールはタイミングをつかむための練習ですので、強いパンチを打つ必要はありません。

自宅でサンドバックの練習するときもしっかり基本フォームを守りましょう。

またケガしないために握り方も基本通りにやりましょう。

2017年10月20日

大橋秀行 ボクシング 新!完全教則 中級篇 [DVD]



150年に一度の天才と言われた大橋秀行氏のボクシング完全教則 中級編です。

ジムで習ったことのおさらいとしてはDVDを見るのもいいでしょう。

基本練習などは各ジムなどではさまざまです。
このDVDを見ても練習スタイルは各ジムの指導者の指示にしたがって下さいね。


2017年10月18日

再戦の村田諒太は有利か?

村田諒太がエンダムと再戦することに、なりましたが果たして村田にとっては有利なんだろうか?
どちらかといえば不利なように思える。

なぜなら再戦となればキャリアのある方が有利だからでる。

経験豊富なエンダムは村田対策はしっかりするはずです。

村田としては前回の反省で、ガンガン攻勢に出るかとおもいますが、エンダムのカウンターには気をつけなければならないでしょう。

判定まで持ち込んだら村田が不利かもしれませんね。
posted by 茂 at 00:38| Comment(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

最強のボクシングトレーニング 



ボクシングジムに通いたくても、少し抵抗がある方にオススメ。

ジムで教わる初歩的なことが載っています。

またジムに通ってる人もこの本を読んでジムで実践してみましょう。

筋トレしている人にもオススメですね。
ボクサーみたいな逆三角形のような体を作りましょう。


2017年10月04日

左ボディをきめる

左ボディはオーソドックススタイルの選手が多く使います。
単発で当てるには難しいパンチですがコンビネーションとカウンターを組み合わせれば効果的にヒットします。

よく使うコンビネーションは、
ワンツーの後に打つ左ボディですね。

接近戦やロープ、コーナーでの打ち合いで重要なパンチです。

2017年10月03日

アッパー使用法 その1

        アッパー使用法 その1

    <アッパーカットの使い方・基礎編>

アッパーは下から上に向かって撃つパンチです。
ひじを曲げて打ちますから主に接近戦で使用します。
コンビネーションで使うことがほとんどです。単独ではあまり使わない

また、ファイタータイプの選手のカウンターとして有効なパンチです

           ・注意点・

・もう片方の手はしっかりガードする

・距離を考える 遠距離からのいきなりのアッパーは意味なし

・撃つときは前のめりにならずに、バランスよく撃つ

・腰もしっかりつかう



         ・アッパーの活用法(右構え)

1.ワンツー、左アッパー
2.ジャブ、右アッパー
3.右ストレート、左アッパー

つまり最初のパンチでアッパーを使うことはあまりないです

日本人は残念ながらこのアッパーは苦手です。メキシコ人ボクサーはうまいですけど。





posted by 茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アッパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

それでもやる 辰吉 丈一郎 (著)

辰吉 丈一郎氏の本です。
たくさんの本をだされてますが、どれもいい本です。



=ボクシングのアイテム=