2017年05月31日

自宅で左フックの練習(初心者編)

ぼくは現役時代はよく左フックを練習しましたパンチ
自宅での練習法を教えます

1  左手を左足をまえにだす
2  両手を顔まであげる
3  左を90度に曲げると同時に腰を動かす
4  打ち終わりは左肩をあごにつける
5  フォームを元に戻す

みなさん 自宅でぜひ練習してください






続きを読む
posted by 茂 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

大橋秀行 ボクシング完全教則 DVD-BOX



元世界王者の天才ボクサー大橋秀行氏が講師のDVDです。

多少値段は高いかもしれませんが、内容はしっかりしています。
ボクシング初心者や昔ジムに通っていて、またやってみたいという方にオススメです。

2017年05月28日

もっとうまくなるボクシング



150年に一度の天才といわれた元世界王者の大橋秀行氏監修の本です。

テクニック勝負のアマチュアボクシングの技術が載っています。


テクニックを上達したい方にお勧めですね。

この本を読んで、華麗なコンピネーションと打たれない技術が身につきます。

2017年05月20日

村田はハッサンに勝てるか?

村田がとうとう世界戦をやります。

相手はベテランのハッサンヌジカム。

試合展開は、ハッサンがスピードを生かしたコンビネーションで攻めてくるでしょう。

村田は堅いガードで防御をするでしょうが、コンビネーションのアッパーには気をつけたいですね。

心配なのは終盤のスタミナでしょうね。

まだ12ラウンドの経験のない村田にとって厳しい試合展開となるでしょう。

基本に忠実な村田のボクシングで、焦らずしっかり終盤までこなせば村田が勝つでしょう。

もしもko狙いでいったらその逆もありえますね。

2017年05月19日

有効打を当てる

ボクシングの試合に勝つには、いかにして有効打を当てるかが重要である。
手数が多くヒットしても肩や腰の入ったパンチは有効打としてみとめられません。

普段の練習から基礎練習であるワンツーを腰を入れてやるといいですね。



2017年05月17日

試合に勝つために

試合に勝つ為には、しっかりとジャッチにアピールしてポイントを取らなければなりません。


ポイントを取るには、ラウンド中の最初よりラウンド後半にしっかり主導権を握りクリーンヒットを当てれば、たとえラウンド前半にポイントを取られても、そのラウンドを取ることができます。


試合に勝つ為にはラウンド後半にラッシュ出来るスタミナをつけることですね。
posted by 茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャッジの目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

ボクシングDVD ロッキー

お勧めボクシング映画

ロッキー
無名で勝ったり負けたりするボクサーが世界チャンピオンの思いつきのアイデアで挑戦権を得た、ロッキーバルボア。
まさにアメリカンドリームといえる内容です。
名セリフ”エイドリアーーン”は面白いですね・・・
また無名ボクサーがいかに貧困な状態にあるかがこの映画から分かります。



ロッキー〈特別編〉 [DVD]

ロッキー〈特別編〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD





☆ボクシングのテクニック集☆


2017年05月03日

親子でミット トレーニング



子供が小さいうちはジムに連れて行くのには抵抗があります。

自宅で父親がミットをもってトレーニングすることもできます。

注意点としては、ケガしないことです。

ケガしないためにはバンテージだけはしっかり巻きましょう。
また手首を痛めないために、パンチを打つ時は手首を曲げないように注意したいですね。

posted by 茂 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

ダッキングの練習

ボクシング初心者の方が実戦でダッキングの練習をするのは無理があります。
最初のうちはペアになって練習します。

フットワークを使わずに相手の方に左ジャブを出してもらいます。

相手が左ジャブを出したら右にダッキングします。

慣れてきたらワンツーを出してもらいます。
相手の右ストレートに対しては左にダッキングします。

ダッキングは内側でわなく外側によけるのがコツです。


注意点として、下を向かない事です。

ダッキングで下を向いてしまうと試合で注意をうけます。


posted by 茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ボクシング基礎知識 減量

マンガの、はじめの一歩や、あいたのジョーを知ってる人は、ボクシング=減量と考えるでしょう。
まったくそのとおりです。

減量をすると、かなりの体力を消耗します。
なぜ減量をするかというと、体重の少ない選手と試合をするためです。
体重のある、選手より、体重の少ない選手と試合したほうが、試合を有利に運ぶことが出来るからです。

ただし、水分を控えて、ハードな減量をすると危険なことが、起きることがあるかもしれません。

血液濃度が濃くなり、脳内出血が起こることがあるかもしれません。

ボクシングは初心者は減量より、ダイエットに励もう。


posted by 茂 at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする