2018年02月23日

ボクシングレッスン1−11(ミット)

          ボクシングレッスン1−11

            ・ミットで練習・

人数の多いジムでは、まだ入りたての練習生はトレーナーからミットを持ってもらうことはありません。

しかし、地方のジムでは練習生がほとんどいないので、ミットをもってもらう事がおおいです。

         ☆初心者のミット練習の注意点☆

1・しっかり狙う

2・あせらずにパンチを打つ

3・きちんとしたフォームで打つ

4・トレーナーの顔に当てない(これ重要です)

5・最初は下手で当たり前なので落ち込まない

だいたいボクシングをはじめたばかりの人への注意点です。


posted by 茂 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

最強のボクシングトレーニング 



ボクシングジムに通いたくても、少し抵抗がある方にオススメ。

ジムで教わる初歩的なことが載っています。

またジムに通ってる人もこの本を読んでジムで実践してみましょう。

筋トレしている人にもオススメですね。
ボクサーみたいな逆三角形のような体を作りましょう。


ボクシングレッスン1−23 ボディーへのストレート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       ボクシングレッスン1−23

         ボディーへのストレート


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アマチュアボクシングではボディーへの有効打はジャッチから高評価を受けます。

ですから顔面への攻撃も大事ですが、ボディーへの攻撃もしっかり練習しましょう。

      効果的なのはボディーへのストレートです。


たしかにアッパー、フックのボディー攻撃もありますが、これは接近戦でしか使えません。

中間距離でも使えるリードパンチのボディーへのストレートは、初心者の方にオススメです。


         ー注意点ー

・ボディーストレートを打つとき頭をさげすぎない

・もう片方の手はしっかりガードする。

・打つときは下をむかない(下を向いて打つと反則になります)










posted by 茂 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクシングレッスン1−12(スタミナ)

          ボクシングレッスン1−12

           スタミナは大事です


ボクシングはスタミナが大事です。スタミナがあってこそボクシングのテクニック、パワー、戦略が生きてきます。

すばらしいテクニックをもっていてもスタミナがなければ、後半に追い込まれて試合に負けてしまいます。

逆に、テクニックがなくてもスタミナがあるだけで試合に勝利することができます。

ですから日々のロードワークは大事ですので、しっかりやらないといけないですね。



posted by 茂 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクシングレッスン 1−22 初心者の反復練習

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ボクシングレッスン1−22


      初心者の反復練習の重要性   


---------------------------------------------------------------

ボクシングの初心者は最初はジャブとストレートしか練習しません。

練習してるとフック、アッパーなどが練習したくなります。

しかし、フック、アッパーは練習開始後半年はやらないようが良いです。

なぜならフック、アッパーなどは、キレイなワンツーが打てれば自然と出来るパンチなのです。


時々、ストレートだけの練習をしている練習生は、なぜこんな練習ばかりしているんだ、と思うことがあるかもしれませんが、その練習が一番自分にあってると思いますよ。


たしか、昔の韓国ではジャブだけの練習を半年ぐらいやってましたね。


=ボクシングのテクニック集=




ギター(アリア)


posted by 茂 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

ボクシングレッスン1−24 リードパンチのフック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       ボクシングレッスン 1−24

         リードパンチのフック


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リードパンチとは右利きは左パンチ、サウスポーは右パンチです。

今回は右構えの選手のフックについての説明です。


フックというパンチはヒジを90度に曲げて打つので、相手のパンチの届く距離となります。

ですからフックを打つときは、しっかりとガードしなければなりません。


            ・打つときの注意点

1.大振りにならない
2.片方の手はしっかりガードする。
3.ヒザをうまく使う


フックを打つとき、ありがちな悪い例は、どうしても打ったとき下のほうになってしまいます。顔を狙うフックならしっかり上に打たないといけません。




posted by 茂 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクシングレッスン2−4(ダッキングの注意)

         ボクシングレッスン2−4
      
            ダッキングの注意点 

ダッキングとはヒザを折り、相手のパンチをかわすディフェンスです。
利点としてはガードより、反撃のパンチを打ちやすいことです。

しかし、アマチュアボクシングの場合はこのダッキングで反則をとられることが多いです。

どうしても下を向いてしまい頭を相手に向けてしまうからです。

足より頭がでてしまった場合は反則となり、注意されます。
注意3回で1点の減点です。

        =ダッキングで注意を受けないためには=

・下を向かないようにする
・リードパンチは常に前に出しておく
・低すぎるダッキングはしないようにする
・接近戦でダッキングを多用しない

だいたいこの4項目を守ればレフリーから注意を受けることはないでしょう。




2018年02月15日

ボクシングレッスン1−10(縄跳び)

        ボクシングレッスン1−10

            ・縄跳び


ボクシングのジムワークで縄跳びは必修です。

初心者は縄跳びがうまくできなくて当たり前ですので、周りを気にせず精一杯がんばりましょう。

慣れてきたらヘビーロープとよばれるボクサー専用の縄跳びを買うとカッコがつきますよ手(チョキ)

縄跳びはストレッチをしてからシャドーする前に2ラウンドぐらい飛びましょう。
そして練習後にも1ラウンド、縄跳びはダイエットに効果的ですよ

posted by 茂 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクシングレッスン1−21 スピード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       ボクシングレッスン1−21

       ボクシングはスピードが大事


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボクシングはスピードが大事です。

スピードがあればパンチをもらわないし、多くのパンチを相手にクリーンヒットすることができます。



          スピードアップするには

スピードアップは主にシャドーボクシングで出来ます。
反復練習の繰り返しのシャドーボクシングによりテクニックがアップし自然とスピードがつきます。

フットワークのスピードでは、ダッシュトレーニングですね。
ダッシュにより鋭い踏み込みが出来るようになります。

ミットうちでコンビネーションを繰り返しの練習でもスピードアップはできます。



スピードアップするには日ごろの練習をしっかりすることですな
posted by 茂 at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシングレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする