2017年03月10日

右ストレートの防御

右ストレートは驚異的なパンチですパンチ
最悪の場合一発で倒されるかもしれないからです。パンチ

      防御法
1 ガード

ガードは一番基礎的なディフェンスです。ただのガードだけでダウンは防げるでしょう。
しかし、ガードだけでは完全にダメージを回避することはできません。
一番良いのは、衝撃を地面に逃がすやりかたです。
コツとしてはパンチをガードの上から受けたとき右ひざを少し曲げることでダメージを減少することができるでしょう。
つまり、ヒザをバネのように使うことです。

2017年03月04日

左フックの活用法

左フックはストレートと違い、そのパンチ単独では効果は少ないです。
ですのでコンビネーションと組み合わせて使います。

主な使い方として、ワンツーの後の左フックや左ボディからの左フックといった上・下打ち分けのパンチがあります。

左フックは近距離で使うパンチですんでガードをしっかりしてないとパンチを浴びてしまうので注意が必要です。

2017年03月03日

右アッパーでカウンター

ボクシングの右アッパーは、インファイターに対して有効です。
ファイタータイプの相手に中に入り込まれた場合は、すぐに右アッパーを打つと相手は嫌がります。
ですので足を使うアウトボクサータイプの選手はストレート系のパンチだけではなくアッパーも練習しておきたいですね。

ボディーへのストレートの注意点

・ボティーへのストレート

ある程度ワンツーを打てるようになったら、ボディーへのストレートパンチを練習することをオススメします。

  =注意点=

1.バランスよく打つ

両膝をしっかりまげ、腕だけが下に向かっていかないようにする。

2.引きを早く

多くの練習生は打つことに意識しすぎて引きを怠ります

3.頭を下に向けない

目先はまっすぐ。頭を下に向けると反則になります。

=ボクシングのテクニック集=


ボディーにストレートを決めるとポイントゲットになるので、しっかり練習するとよいでしょう。



posted by 茂 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

ジャブでコントロール

ボクシングで多く使うパンチはジャブです。
しかし、多く使うパンチですが確実な有効打としてはなかなかポイントがとれないパンチでもあります。

ジャブを使うにあたっては強弱をつけて試合をコントロールし有効打のヒットにつなげる事ですね。


基本練習の重要性

ボクシングをはじめたばかりの人は、とにかく基本練習ばかりさせられます。

毎日毎日、鏡の前で同じ動きの練習ばかりします。

いったい何のためにこんなことをするのか?と思う人は多くいると思います。

しかし、これは大事なことなんです。

この基本練習なしに、技術の習得はありえないことです。

しかし、ボクササイズジムは違います。生徒を楽しませるだけですので、どんなに上達していない状態でも、おもしろ半分でテクニックの練習をさせてくれます。

最初のうちの基本練習は、足のつかいかた、ジャブ、ガードを下げないといった練習をするでしょう。
だいたいこの3つを最低3ヶ月みっちりやれば、それなりの選手になると思いますよ。


posted by 茂 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

練習でケガしない

スポーツには怪我がつきものです。

特にボクシングは練習による怪我が多いです。

手の怪我をする練習生をよくみます。
ボクシングは手が大事です。その手を守るために正しい練習方法で怪我を防がなければなりません。


        ☆怪我を防ぐには☆

手首を曲げない

 これは大事です。手首を曲げたままサンドバック、ミット打ちを行うと手首を傷めます。
 ボクシング初心者は何度注意しても直りませんがね・・・

・柔軟体操をしっかりする

これはどのスポーツにも共通事項ですね。
練習前の柔軟体操を怠ると、足を攣ったり、筋をいためたりします。
ひどいときには、アキレス腱がきれたり肉離れがおきます。

練習後の柔軟体操も大事です。疲労回復にもなりますからね

=ボクシングのテクニック集=






posted by 茂 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

ガードとは?ボクシングの基本ディフェンス

ボクシングのガードは基本中の基本のディフェンスです。

ガードがさがるボクサーは必ず短命でおわりますね。

特にガードが下がる癖のあるボクサーは要注意です。

ガードの低い辰吉丈一郎もかつてはきちんとガードをしていました。
ただ勘にたよりすぎる事があるのでガードが下がってしまうのでしょうね。

ボクサーは打たれないことが大事なのです。
ですから、ガードがしっかりしている事のおかげで不用意なパンチをもらわないことも、現役中に経験しました。

ガードだけは下げないようにしましょう。



大穴・高配当ならおまかせ!! 南関東4競馬専門のWebケイバ

2017年02月21日

ボクシング コンビネーションの練習 

コンビネーションをミットで練習

高校生はストレートを練習すると良いでしょう。
やり方として、

ジャブ ワンツー 3つ 4つ ワンツー 

これをやると良いでしょう

全部ストレートでミットを持つ側は微妙に動きながらやるのがコツです。

練習始めたばかりの試合出場希望の選手はフック、アッパーの練習よりストレートの練習を多くしたほうがいいですね




ボクシンググローブの間違いのない選び方

ボクシングを始めてまず、ほしくなるのはグローブですね。

そのグローブもさまざまなものがあります。

公式用グローブから練習用やサンドバック用とさまざまです。

最初のうちは無理して高いグローブは買う必要はありません。
なれてきたらスパーリンググローブとかを買うといいですね。

公式グローブのアディダスです。間違いのないグローブです。


パンチンググローブです。サンドバック用に使います。
最初はこのグローブがおすすめです。値段も安いです。


海外の公式グローブです。よく海外の世界タイトルマッチでも使用されるグローブです。
ボクシング