2017年09月06日

練習でケガしない

スポーツには怪我がつきものです。

特にボクシングは練習による怪我が多いです。

手の怪我をする練習生をよくみます。
ボクシングは手が大事です。その手を守るために正しい練習方法で怪我を防がなければなりません。


        ☆怪我を防ぐには☆

手首を曲げない

 これは大事です。手首を曲げたままサンドバック、ミット打ちを行うと手首を傷めます。
 ボクシング初心者は何度注意しても直りませんがね・・・

・柔軟体操をしっかりする

これはどのスポーツにも共通事項ですね。
練習前の柔軟体操を怠ると、足を攣ったり、筋をいためたりします。
ひどいときには、アキレス腱がきれたり肉離れがおきます。

練習後の柔軟体操も大事です。疲労回復にもなりますからね

=ボクシングのテクニック集=






posted by 茂 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者用トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

マウスピースの選び方

初めてマスボクシングをする選手はまず、マウスピースを買うことが必要です。

公式戦(国体、インターハイ等)は赤、もしくは赤系の色のマウスピースは使用禁止です。

ですので練習の時も赤系以外のマウスピースを持っていることをおすすめします。

最初のうちは慣れないので、装着したときに気分を悪くなる人もいますが、徐々になれてきます。



2017年08月25日

山中慎介はルイスネリーと再戦したら勝てるか?

山中慎介を破ったネリーが薬物反応により再戦の可能性が高くなりたした。

果たして再戦しても勝てるかどうかです。

勝つかどうかは山中のモチベーションが1番大丈夫でしょう。

いくらパンチ力やスピードがあってもモチベーションが低過ぎれば破れてしまいます。

また数多くのキャリアを積んできた山中のダメージの蓄積も心配ですね。

試合は山中がしっかりとしたディフェンスさえすれば、ルイスネリーの追加撃をうけなくてすむでしょう。
posted by 茂 at 00:04| Comment(0) | ボクシングの評論と予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

サウスポー対策 攻撃編

オーソドックスタイプの選手にとってサウスポーはとてもやりずらいですね。

ガードだけでは劣勢となり、そのラウンドのポイントをとられてしまします。

サウスポーが嫌がる攻撃は左フックと右ストレートです。

左フックを多発されると、サウスポーは左ストレートが出しにくくなります。

そして返しの右ストレート。 これはサウスポーの選手は嫌がります。
相手の攻撃に対して打ち終わりに返しの右ストレートを放てば有利な試合展開ができます。

posted by 茂 at 01:29| Comment(0) | ボクシングのテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

もし山中慎介がダウンしていたら勝っていた?

タオル投入により4ラウンド負けの山中慎介。

もしダウンをしていたらタオル投入はなかったのではないかな?

ダウンをすることでダメージ回復を図ることができます。

勢いついてきた相手のラッシュも一時ストップすることができます。

また時間稼ぎもでき2回で20秒のダメージ回復の時間が得られます。

無理してダウンしなかったのが敗因ではないでしょうか?

もしタオル投入がなければ、このラウンドにはレフリーがストップしていたでしょうね。

posted by 茂 at 23:54| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山中慎介のタオル投入について検証する

連続防衛記録のかかった山中慎介がタオル投入で敗れましたが、この判断はセコンドとしては正しかったでしょう。

しかし、興行的にもファンにとってはどうでしょうか。
もしタオル投入が無ければ回復し逆転もあったかもしれません。

挑戦者は怒涛のラッシュをしましたが、もし耐えしのげば終盤にスタミナが尽き山中のKO勝ちのありえました。

通常の10回戦、8回戦といった試合であれだけの連打を浴びればタオル投入は必然でしたが、世界戦でしかも防衛記録のかかった試合でのタオル投入はセコンドの勇気ですね。

ここは大和心トレーナーは判断が正しかったのでしょうね。
posted by 茂 at 01:10| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

山中慎介、KO負け タオル投入は正しかったのか?

山中慎介が4ラウンドに連打を浴びてKO負けしました。

セコンドからタオルが投入されました。

果たしてこのタオル投入の判断は正しかったかどうか、陣営でも議論になっていますが、やはり選手のことを考えれば正しかったでしょう。
タオル投入していなくてもレフリーは間違いなくとめていたでしょうね。

連続防衛の記録がかかっていましたが、ここは記録より選手のダメージを考えた大和心トレーナーの判断は立派でしたね。
posted by 茂 at 00:47| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

山中慎介×ルイスネリー 

山中慎介がメキシカンのルイスネリーと対戦。

今回の試合では山中は防御をしっかりしたいですね。

一発くらうと次から次へとパンチを打ってくるメキシカンに要注意ですね。

また接近戦でのアッパーにも注意したい。不用意にもらい、そのまま連打でKO負けもあります。

今回はいかにディフェンスを重視するば間違いなく勝つでしょうね。
posted by 茂 at 15:08| Comment(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

自宅でボクシングの練習



まだ初心者のかたにオススメです。
値段もお手頃ですね。

パワーをつける目的でやるよりかは、パンチのタイミング練習で使うといいでしょう。

上下左右のコンビネーションの練習にもなりますね。

2017年08月09日

試合予想。山中慎介、ルイスネリー

山中慎介が無敗のルイスネリーと対戦。

無敗のメキシカン相手に山中は、どんな作戦で挑むのだろうか?

山中の持ち味である左ストレートは相手に知られています。

そして相手はメキシカンであるので日本人ボクサーが苦手とするアッパーを多用してくるでしょう。

接近戦は山中にとって注意したいですね。

おそらく試合は疲れたところの後半に左ストレートを決めるでしょう
posted by 茂 at 22:01| Comment(0) | 試合予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする